スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小物】PCメガネを買いました

 表題の通り、PCメガネを買いました。でもメーカは、ZoffでもJINSでもありません。どこかというと、眼鏡市場のPCメガネです。
P1100332のコピー


 私の視力は、裸眼だと0.04なので、PCメガネも度付きレンズにしないと生活できません。ZoffもJINSも度付きのレンズを用意していますが、薄型非球面でも屈折率1.60のものだけです。今まで使っていた眼鏡は、屈折率1.60のレンズでした。このくらいの厚みです。フレームを小さくするとレンズの周辺を削り込む分だけ薄くなる、と言われて、視野が狭くなるのを我慢して選んだフレームでもこの厚さです。もちろん、重さもそれなりにあります。
P1100334のコピー


 フレームを一回り大きくした上で屈折率1.74の極薄型非球面レンズでPCメガネを・・・と探していて、たどり着いたのが眼鏡市場でした。眼鏡市場のメガネは、5種類の屈折率からレンズを選べます。勿論、屈折率1.74のレンズもあります。そしてありがたいことに、歩いて行けるところに店舗がありましたw
 ちなみに眼鏡市場のPCメガネは、反射型の無色透明タイプだけになります。ZoffやJINSにある、色つきの吸収型はありません。吸収型と反射型の違いは、ZoffやJINSのホームページに詳しく出ているので、興味のある方はご覧下さい。併せて、何度となく熟読した、ZoffとJINSの色つき、色無し、4種類を比較したコラム記事のリンクも張っておきます。

ブルーライトを吸収/カットするPC用メガネ4製品を試す~JINS PC、Zoff PCの色あり、色なしを全部買い
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaimono/20120802_550578.html


 さて、こちらが、新しく作ったPCメガネです。前のメガネより薄く、軽くなりました。フレームも一回り大きくしたので、視線移動時の見える範囲も広くなりました。お値段は、フレームとレンズで18,000円にコーティング代2,000円と消費税でした。簡単に言えば、通常価格+2,100円でPCメガネになります。
P1100333のコピー


 レンズは無色透明ですが、前のメガネとかけ比べると、心持ちアンバーが乗った色合いに感じます。これは比べるからそう感じるだけで、単体でかける分には、眩しさが少なくなっただけで、見える色合いが変わった感じはしません。PCメガネをかけて外を歩いて驚いたのが、日中の日差しの中でもごく自然に目を開けていることができたことです。前のメガネでは、無意識のうちに目を細めていたんだな、と今回初めて感じました。PCメガネをかけているだけで、目の周りの筋肉のこわばりが減って楽なのを感じました。かけて5分で、もう前のメガネには戻れないと思いましたよw

 べた褒めな訳ですが、反射型PCメガネの欠点である裏面の反射は、結構あります。あちこちに光源のある外を歩いていると、視線の正面に反射が出て、レンズが汚れたのかな、と思うような曇りを感じることがあります。ちらついてうっとうしいとか、目障りだという反射ではないので、慣れの問題かと私は思っています。私にとっては、かけていて楽だという絶対的なメリットに比べて、気にならないほどのデメリットです。この辺りは主観の問題なので、事前にお試しするのが良いかと思います。


 チタンフレーム、極薄型非球面のプラスチックレンズにPC用コーティングをしても2万円とは、良い時代になったものです。一番安いチタンフレームを4マソで買ったのも今は昔・・・(´-ω-`)トオイメ
ZoffやJINSの度付きPCメガネに比べれば、眼鏡市場のPCメガネは数千円ほど高くなります。が、強度度数のために屈折率の高いレンズを使いたい人にとっては、その位の価格差で選択肢が増える、という感覚ではないでしょうか。前のメガネを12,600円で買った私からすると、前のフレームよりワンランク上のかけ心地とPCレンズで2万円なら、もっと早く買い換えれば良かったと思っているくらいです。予備用にカジュアルなフレームでもう1本作りたいと思うくらい、私にとって無くてはならない物になりました。

テーマ : いいもの見つけた
ジャンル : 日記

【万年筆】中屋万年筆の特注品

 こんな箱が届きましたよ~ヽ(´ー`)ノ
想像以上に大きい箱なので、ビックリしました。どの位の箱かというと、ゆうパックの60サイズと80サイズの中間くらいです。中屋万年筆の桐箱の大きさを知っているので、なおさら感倍増です。
P1100320のコピー


 で、これが特注品です(*´艸`*)
ベースは、ポータブルのシガーモデルです。ただし軸径は、標準の15mmに対し、特注の17mmです。中屋万年筆では、葉巻サイズと呼んでいるようです。漆は新漆の緑を用い、溜透かしで絵を描いて貰いました。絵柄は、うちで飼っている3匹のクサガメを描いて貰いました。塗り立ての漆は透明度が低く、絵柄が見づらいです。これは使い込むうちに紫外線などで漆の硬化が進み、段々と透明度が増してくるはずです。どんな風に絵柄が浮き出てくるのか、今から楽しみです+(0゚・∀・) + ワクテカ +
IMGP0612のコピー


 軸に、雌のクサガメを描いて貰いました。これは、去年30周年を迎えた私のカメ(♀)をイメージしたものです。雌と分かるように首に模様を入れ、一回り大きく描いて貰いました。クサガメの特徴、キール(甲羅にある筋状の隆起)が3本ある画ですよ(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン
IMGP0618のコピー


 キャップには、雄のクサガメ2匹を描いて貰いました。こちらは、去年30周年を迎えた姉のカメ(♂)と今年25周年を迎えた新入り(仮称)(♂)をイメージしています。メラニウム個体と分かるように、首の模様を入れない形で描いて貰いました。
IMGP0620のコピー


 ペン先は、ルテニウム鍍金の太字にしました。金色やロジウム鍍金、バイカラーは目にしますが、暗めのシルバーに見えるルテニウム鍍金は珍しいというミーハーな選択です(^^ゞ
P1100330のコピー


 なかばゴリ押し気味に、角研ぎをお願いしました。スタブの様な縦太横細の線にはなりませんが、紙の上にペン先を当てたときのピタッと乗る感覚がとても気持ちよいです。インクフローの良さと相まって、まるで対面調整を受けたかのような書き味に驚くと共にウットリとしてしまいました(人´∀`).☆.。.:*・゚
P1100331のコピー



 昨年、新漆の開発ニュースを見て以来、あの漆で緑色の萬年筆を作れたら、という想いを形にすることが出来ました。昨年の秋から構想を練り、昨年末の注文、今年始めの仕様決定を経て、本日納品となりました。うちで飼っているカメ3匹のうち2匹が去年30周年、1匹が今年25周年と云うことで、去年から今年にかけて年を跨ぐように製作してもらうような時期を選んで依頼しました。元々5月納期でしたが、6月にずれ込んでしまいました。奇しくも今月6月は、新入り(仮称)の25周年に当たる月です。これも何かの縁を感じずには居られません。自分にとって思い入れのあるカメをモチーフに、好きな色で最高の1本を作って貰えたと思っています。私の緑色萬年筆を求める旅は、これで終わりになるはず(の予定)です。

テーマ : (`д´)ウオォォォ!!
ジャンル : 日記

【文具】どや文具ペンケースを買いました

 萬年筆好きな私ですが、もちろん萬年筆ばかりを使っているわけではありません。その他の筆記具を使う場面も多々あります。そんな萬年筆以外の筆記具を入れているペンケースは、10年近く前に百均で買ったデニムのペンケースを使ってきました。今使っているのは、2つ纏めて買ったうちの2代目です。初代は数年前に壊れてしまいました。この2代目もファスナーの動きが怪しく青息吐息です。
P1100311のコピー


 次のペンケースをどうしようか、と思っていたところに、絶妙なタイミングで目についたのが、この「どや文具ペンケース」です。ツイッター上で話が盛り上がっているのを知っていたこともあり、予約販売の報に飛びつきました。
P1100314のコピー


 国内の有名タンナー、栃木レザーの革に帆布の組み合わせは、好みのツボにド━(゚Д゚)━ ン !!!と剛速球を放るような仕様です(;゚∀゚)=3ハァハァ
P1100315のコピー


 早速、入れてみました。今までパンパンだったのに、全部入れても余裕があります。調子に乗って、今まで別にしていた物も放り込んでみると・・・
P1100317のコピー


 巻いたときに、フラップと本体の間に隙間が出来てしまいました。フラップと本体の間に三角形のストッパーを付けて、巻いたときに内側へ織り込まれるような構造があると、きっちり入れても中身が飛び出さないようになるなと感じました。次回作の改良に期待します。
P1100318のコピー


 多少余裕を持たせた入れ方をすると、上が絞られて隙間が無くなります。何事もほどほどが肝心ということでしょうか。暫くは運用方を試行錯誤したいと思います。
P1100319のコピー

テーマ : いいもの見つけた
ジャンル : 日記

【万年筆】もうひとつの初恋万年筆

 浜松の万年筆専門店、BUNGUBOXさんから、予約していた「もうひとつの初恋万年筆」が届きました。特に指定したわけではないのに、専用のラッピングで届きました。制作者の気概が伝わってきます(*゚ー゚)
 「もうひとつの初恋万年筆」ということは当然、もうひとつじゃない初恋万年筆もあります。こちらは鋭意作成中で、夏以降に販売となるようです。「もうひとつの初恋万年筆」の由来は、

BUNGBOXオリジナルインク「初恋」に合わせた万年筆を作ろう→色々検討して初恋万年筆製作開始→かなり高くなりそうで、手を出しにくい物になりそう→初恋万年筆と同じ軸材で廉価版を作ろう→「もうひとつの初恋万年筆」

という感じです。「もうひとつの初恋万年筆」は、セーラーのプロフェッショナルギアスリムがベースです。
P1100285のコピー


 拘りの初恋万年筆と同じ軸材ですから、もちろん限定品仕様です。僅かに透明がかった乳白色の軸材に、少しだけラメが入っています。
P1100289のコピー


 本来ならセーラーの錨マークがあるところに、螺鈿で蔦の葉が描かれています。がっつりと螺鈿が使われている物は好みに合わない私からすると、ワンポイントの螺鈿は好感触です。がっつり螺鈿が使われていたら、値段が上がって手出しできなくなりますけど(^^ゞ
P1100294のコピー


 お尻には、初恋万年筆とこの万年筆を手がけた、輪島の蒔絵師の銘が入っています。青緑のような色合いが、乳白色の地に栄えると思います。
P1100299のコピー


 金環も特別です。普通はメーカー名が刻んであるところに、四つ葉のクローバーと「I wish you a lot of happiness」の文字が刻んであります。軸材の色だけを変えた、並みの限定品とは一線を画すものに仕上がっていると思います。
P1100301のコピー


 ペン先だけは、いつもの14Kペン先でロジウム鍍金です。ここを変えると、廉価版の趣旨から外れたお値段になりそうですね。お値段は、18,900円でした。45本限定で、殆ど予約で捌けたようですが、まだ在庫僅少とも聞いています。気になる方は、問い合わせてみては如何でしょうか。
P1100308のコピー

テーマ : いいもの見つけた
ジャンル : 日記

【Moleskine】14冊目を使い終わりました

 昨日、14冊目のモレスキンポケットを使い終わりました。
P1100274のコピー

P1100276のコピー


 今回も約二ヶ月弱で使い切りました。14冊目は、己の心情を吐露する記述が少なくなった分だけ、使用日数が伸びた感じです。一日1頁の日もあったなぁ。
P1100277のコピー


 今回のモレスキンは、裏抜け大王と呼びたくなる品質でした。経験から古典ブルーブラックなら大丈夫と思っていましたが、写真の通りプラチナのブルーブラックが裏抜けしてしまいました。試したところ、プラチナの他に、モンブラン、ペリカン、ローラー&クライナーも裏抜けしました。唯一裏抜けしなかったのは、ラミーのボトルのブルーブラックだけでした。やれやれです。14冊目はラミーのボトルのブルーブラック一択で筆記しました。Amazonから洋書扱いのモレスキンを買ったのが不味かったのでしょうか。過去に同じようにして買ったモレスキンは問題なかったのですが・・・
P1100278のコピー


 買い置きしていたモレスキンも14冊目と同じような手触りの紙だったので、裏抜けが怖くなり代理店経由のモレスキンを買い直しました。モンブランとプラチナのブルーブラックで筆記してみたところ、裏抜けなく筆記できました。やっといつものモレスキンが戻ってきた気分です。15冊目の表紙は、こんな感じにしてみました。このステッカー無くして、私のモレスキンは成立しなくなってしまいました(笑)
P1100281のコピー
プロフィール

後藤

Author:後藤
 モレスキンなどのステーショナリー、万年筆、革製品、帆布好き。その時々で思ったことを綴っていきます。

ツイッターは、@fountain_pという名前でやっています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。